2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

« 暖かい | トップページ | HDDがたまっていく »

神戸新聞のドラマ

やっと翔くんのドラマを見ました。自分たちの町が壊滅状態、家族と連絡がつかないなど重いものをかかえながら、でも情報を必要とする人がいる、新聞を待っている人がいる・・極限状態のなかの取材、機材の無いなかの発行の努力・・あのすさまじいなかで神戸新聞の方たちのほかにも消防とかお医者さんとか自分をなげうって仕事をまっとうしていた人がたくさんいたのでしょうね。なぜ自分はこれをやっているのか?はたしてこれは必要なことなのか?必要とされているのか?ってふだんボ-っと考えるときあるけど、ああいう時にそれにまさに直面したら・・と思うと・・まさにギリギリの状態での判断、行動、協力、そして愛情のなせるわざではじめて希望が見えるのでしょうか?災害とか病気とか本当に自分が当事者にならないと真にわからない・・とはモチロン思うし・・でもいろんな痛みを分かろう・・感じようとする想像力だけは常に持っている人でありたい・・と思います。私事で阪神淡路大震災の少し前にその後ずっと心に傷をかかえることを経験したので(震災にあわれた方と一緒にするなんてことは出来ないことで恐縮ですが)あれから15年というと、自分でもあぁ15年なのか・・と思い少し苦しくなります。

翔くんドラマ、コンサ-ト(ファイナル無事すばらし~く終わったようですね)、翌日はZEROだったし、バンク-バ-にも行くとのことで本当に体に気をつけてもらいたいです!もうすぐお誕生日だね!

« 暖かい | トップページ | HDDがたまっていく »

嵐TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320609/33044228

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸新聞のドラマ:

« 暖かい | トップページ | HDDがたまっていく »